【北広島】アルトラーチェ (ARTLACZE) でジェラートを食べてきた!

アルトラーチェ ジェラート道央
2020年3月中旬 / さくらもち・大吟醸甘酒 / テイクアウト480円

アイス好きの管理人みかぽんです(Twitter@icenokiroku)。北広島市のアルトラーチェでジェラートを食べてきましたよ!

最終訪問日:2020年3月中旬

お店について

自社農園栽培の季節の素材を使ったジェラート屋

アルトラーチェ 外観

2020年3月中旬 / アルトラーチェ 外観

アルトラーチェは、北広島市西の里に2011年オープンしたジェラート屋です!夏の休日には長蛇の列ができる人気店ですね。駐車場は38台停められます。

ジェラートは、低温殺菌牛乳と北海道産純生クリームを使用しています。自社農園「ファームサルーサ(Farm SALLUZA)」内にあるジェラート屋なので、そこで採れた野菜や果物を使ったジェラートもあります。ジェラートの他に、ケーキや焼き菓子などの洋菓子も販売していますよ。

ジェラートメニュー

アルトラーチェ メニュー

2020年3月中旬 / アルトラーチェ メニュー

ジェラートメニューは、シングル(1種類)・ダブル(2種類)・スーパー5(5種類)。店内orテラスでの飲食と車での飲食で価格が違います(純粋に消費税の8%と10%の違いではなく、それぞれ税込価格でメニューに書かれていました)。

コーン・ワッフルコーン・カップは値段は変わらず選べます。カップサイズはそんなに大きくない印象。スーパー5は大カップを使用し、ジェラート5種に生クリームとアーモンドクッキーのトッピング付きです。

残念ながらジェラートの価格には年々値上がりしていて、5種盛りのスーパー5は800円を超えてしまった…。ちょっと手が出しにくい価格になってしまいました。また、いろんな味を試したいときにトリプルもあると嬉しいんですが、残念ながらアルトラーチェはトリプルが無いんですよね。

ジェラートのフレーバー

アルトラーチェ ショーケース

2020年3月中旬 / アルトラーチェ ショーケース

ジェラートショーケースはこんな感じでした。フレーバーは10〜12種ほど並んでいる模様。季節ごとの期間限定フレーバーもあります。フレーバー情報は公式SNSで定期的に発信されています。

ジェラートの感想

アルトラーチェ ジェラート

2020年3月中旬 / さくらもち・大吟醸甘酒 / テイクアウト480円

アルトラーチェのジェラートは、なめらかで味がしっかりしているタイプでしょうか。これまで食べたフレーバーの感想メモです!

  • プレミアムヨーグルト:メニュー札に「ヨーグルトと砂糖だけで作った」と書いてあった通り、ヨーグルトそのままの味がしてなかなかおいしい。
  • ブルーベリーチーズケーキ:ビスケットを砕いたものが入っていた。
  • ハニーレモン:ソルベ系で、酸味と甘味を強く感じる。
  • いちごのミルフィーユ:いちごソースとミルフィーユ生地を砕いたものが入っていた。
  • 小林牧場ミルク:やさしげな牛乳の味。
  • コーンポタージュ:とうもろこしの粒の皮感がすごい。
  • さくらもち:小豆と求肥が入っている。さくら風味はやや控えめか?
  • 大吟醸甘酒:栗山町の小林酒造から取り寄せた大吟醸酒粕を使用。酒粕の風味が美味!店員さんによると、アルコールはほとんど抜けているのでお子様でも大丈夫とのこと。

アクセス

アルトラーチェ (ARTLACZE)
住所:北海道北広島市西の里798-5
電話:011-374-3636
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜・火曜(祝日の場合は翌営業日)
※最新情報は公式サイトでご確認ください。
公式サイト / Facebook / Instagram / 食べログ

ギャラリー


タイトルとURLをコピーしました